エストラジオールの正常値・基準値

エストラジオール数値の正常値・基準値、エストラジオール(エストロゲン)血液検査についてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆サイトマップ

エストラジオールとは?
 エストラジオールとは、エストロゲンに含まれる成分の一つです。エストロゲンは、主に「生殖器の発育」に大きく関与するホルモンです。女性の場合は「卵巣」からホルモンが分泌され、男性の場合…

エストロゲンに含まれている成分
 エストロゲンに含まれている成分はエストラジオールの他にも幾つかの成分があります。各成分はそれぞれ独自の働きと役割、更に分泌の特徴がありますが、血液検査や尿中検査で検査の指標として用いられる成分…

エストロゲン(卵胞ホルモン)の種類・働き
 エストロゲン(卵胞ホルモン)の種類・働きを以下の表にまとめました。エストラジオールはこの3種の中でも最も比率が高く、血液検査の指標となるのはその為…

エストラジオール血液検査が行われるケース
 エストラジオール血液検査が行われるケースについて見ていきましょう。エストラジールは主に卵巣などの生殖器官に関わる検査や、成熟の度合いなど…

閉経・無月経によって分泌量は変化する
 閉経を迎えた場合、もしくは無月経状態が継続的に続いた場合はエストロゲンの低下に伴い血中エストラジオール濃度も低下します。これは月経がなくなることによってエストロゲン…

被験者が男性のケース
 血液検査の結果、エストラジオールの数値が基準値の範囲よりも高くなっている場合。このようなケースでは、どのような疾患の可能性が検討…

肝硬変になるとホルモンの分解能力が低下する
 肝硬変は肝機能の低下に伴って徐々に肝臓の状態が悪化する疾患のひとつで最終的に肝臓がんへ進展する可能性をもつ油断できない肝臓疾患…

数値が高いケースの疾患の可能性(女性)
 女性の場合は、まず何よりも「妊娠の可能性」が検討されます。妊娠中の女性のエストラジオール数値は極端に高い数値を示すようになるので、この点は非常にわかりやすいと言えます…

男性で数値が低下しているケース
 血液検査の結果、エストラジオールの数値が基準値の範囲よりも低くなっている場合のケースについて見ていきましょう。まず男性のケースの場合ですが、男性で数値が低め…

数値が低いケースの疾患の可能性(女性)
 検査値の数値が基準値よりも大きく減少しているようなケース。このようなケースでは基本的に卵巣の機能が低下している「卵巣機能低下症」などの可能性…

ホルモン補充療法が行われるケースも
 閉経後は卵胞ホルモンの分泌が急速に低下するため「女性ホルモンのバランス」が崩れ、更年期障害などの症状を発症する要因ともなる点が確認…

エストラジオールを増やす2つの方法
 血液検査の結果エストラジオール数値が低いと診断された場合。やはり数値を正常値の範囲に戻したいと不安になります。ここではエストラジオールを増やす2つの方法…

ホルモン補充療法
 エスラジオールの数値が極端に低いようなケースでは、一時的に女性ホルモンの補充療法が行われるケースがあります。ホルモン補充療法で適用される女性ホルモンはエストラジオールの大本であるエストロゲン…

イソフラボンの構造
 食品の摂取によってエストラジオールを増やす場合は、基本的にイソフラボン成分の摂取によってエストラジオールの増加を図ります…

摂取量の目安は1日70〜80mg
 エストロゲンの働きが過剰になると、乳がんの発症確立が高くなることが確認されております。その為、ホルモン補充療法では、短期間で極端に数値を上昇させないように…

アンチエイジング医療への高まる期待
 ホルモン補充療法は、近年になって広く認識されるようになった治療法のひとつではありますが、日本ではまだまだ認知度の低い治療法のひとつとも言えます…

数値の減少は30歳から
 近年急速に広く知られるようになってきたホルモン補充療法。では何故このように体外から補充する必要があるのかについて…

数値の減少は30歳から
 女性ホルモンが加齢とともに減少する原因についても確認しておきましょう。体内の女性ホルモンの分泌量の人生の中で最も減少する原因…

ホルモン補充療法を行うメリット
 ホルモン補充療法を行うメリットについて見ていきましょう。成長ホルモンを体外から補足することで、ホルモンのバランスが保たれるようになると、成長ホルモン…

体内成分を補充する安全性の高い治療法
 成長ホルモンは人体内の内分泌系組織から分泌される元々体内に存在する成分です。この成長ホルモンの分泌は量は変化するものの乳幼児期から寿命…

ホルモン補充療法の注意点・危険性
 ホルモン補充療法を検討する際に、この治療法のメリットが大きく取り上げられますが、メリット以上にやはりデメリットをしっかりと把握しておくことが大切…

取り入れる医療機関も増加
 日本でホルモン補充療法を受けているの大半は女性です。近年多くなってきているのが更年期障害の治療過程において症状を緩和させる目的で…

原則は医療費全額自己負担
 日本でホルモン補充療法を行う場合の治療費の負担について確認しておきましょう。まず日本で補充療法を受ける場合は原則として保険の適用…

医療保険適用となるケース
 ホルモン補充療法の治療費は原則として全額を自己負担することになっております。ですから医療費は高騰しますし、1回の注射が数万円になることも珍しくありません…

HRT補充療法とは?
 HRT補充療法とはどのような治療法なのでしょうか?ここでは女性の特に更年期障害の患者に多く取り入れられている…

子宮体がんの発症リスク
 HRTに関しても最も広く普及しているのはやはりアメリカです。元々、HRT補充療法では女性ホルモンの代表ともいえるエストロゲンの補充…

保険適用となるHRT
 HRTが保険適用の治療法として日本においても認められるようになったのは、更年期障害の治療効果があると確認されるように…

血栓症・乳がん患者は受けられない
 エストロゲン血中濃度が低下すると骨が弱くなったり、自律神経系に乱れが生じます。エストロゲン3種類の中でも最大の比率を占める主成分はエストラジオール…

HGH療法とは?
 HGH療法とはいったいどのような治療法なのでしょうか?このHGH補充療法は1990年にアメリカのダニエル・ルドマン博士が研究成果を学会に発表したことで世界的に注目を集めた治療法…

HGHがもつアンチエイジング効果
 HGHホルモン補充療法が広く普及した要因は、HGHがもつアンチエイジング効果に期待が高まった為です。1990年にアメリカのダニエル・ルドマン博士が発表した論文では、実質的な運動を行わない状態…

妊娠の可能性
 女性は妊娠をすると、エストロゲンの分泌量が急激に促進され血液中に含まれるエストラジオールの量も高くなります。これは、赤ちゃんを授かると「胎盤」から卵胞ホルモンがどんどん分泌…

ホルモンバランスの変化は精神面に影響を与える
 妊娠中は妊娠前期から後期に進むにつれてエストラジオールの血中量は一般的に徐々に向上していきます。妊娠中の女性は、これからママになる為の心の準備が必要…

妊娠前期・中期・後期のエストラジオール数値の変動一覧表
 妊娠中は、妊娠の週数が進むにつれてエストロゲンの分泌が盛んになり、エストラジオールの血中濃度…

更年期の期間とは具体的に何歳から?
 更年期を迎えた女性は、加齢とともに卵巣の生殖機能が少しずつ低下していきます。では、更年期とはいったいどの時期を指すのでしょうか?…

更年期障害の主な肉体的・精神的症状の一覧
 更年期に多くの人が覚える体調の不良や精神的なストレスの事を総称して更年期障害と呼びます。これは、卵巣の生殖機能の衰えとともに卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌量…

注目を集める漢方薬による対策
 更年期障害の治療は症状に個人差があるため、確立された治療法というものは存在しません。その為、その症状に見合う対象療法を基本として食事療法や場合によってはホルモン補充療法などと平行しながら…

不妊症の治療効果が期待されるエチニルエストラジオールとは?
 エチニルエストラジオール(EE)は不妊症などの治療で処方される女性ホルモンを補う際に使用されるホルモン剤のひとつです。エストラジオール(E2)とプロゲステロン(P4)を含有するお薬で広い用途で使用されるホルモン剤…

排卵の質を高める効果
 排卵時に元気で健康な卵子が排卵されるようになれば、妊娠の可能性は高くなります。妊娠にはタイミングが重要であることはもちろんですが、タイミングよりも精子と出会う卵子が存在する…

肝臓で急速に代謝(半減期)される
 エチニルエストラジオール錠剤の副作用について見ていきましょう。エチニルエストラジオールは不妊症の治療の他にも…

副作用症状チェック一覧表
 エチニルエストラジオールを服用後は体内でホルモン血中濃度が急激に高まり、その後一度半減期を迎えます。この作用は急激な血中濃度の増加を感知した人体…


◆アンチエイジング医療・ホルモン補充療法の基礎知識

◆妊娠前期・中期・後期・更年期・不妊治療に関する知識