エストラジオールの正常値・基準値

エストラジオール数値の正常値・基準値、エストラジオール(エストロゲン)血液検査についてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆エストラジオール血液検査はどのような目的で検査が行われるのですか?エストラジオール検査が行われるケースについて教えてください

◆エストラジオール血液検査が行われるケース

 エストラジオール血液検査が行われるケースについて見ていきましょう。

 エストラジールは主に卵巣などの生殖器官に関わる検査や、成熟の度合いなどを確認する際に検査が行われるのが通常です。

 また時期や年代によって大きく変化する女性ホルモンの特徴と傾向を考慮し、更年期障害の検査や閉経の可能性の確認などにおいても検査数値は有効な指標となります。

〜エストラジオール血液検査が行われるケース〜
★女性の卵巣に関わる機能の検査
★卵巣過剰刺激症候群
★妊娠の可能性
★更年期・閉経の可能性
★無月経の確認
★エストロゲン産生腫瘍の検査
★卵胞発育障害
★黄体機能不全
★肝硬変の可能性

 なかでも卵巣機能をチェックする際にエストラジオール血液検査が実施されるケースが多く、検査結果の数値は様々な症状の可能性を検討するひとつの指標となります。

◆閉経・無月経によって分泌量は変化する

◆閉経・無月経によって分泌量は変化する

 閉経を迎えた場合、もしくは無月経状態が継続的に続いた場合はエストロゲンの低下に伴い血中エストラジオール濃度も低下します。

 これは月経がなくなることによってエストロゲンの分泌量そのものが低くなることが要因です。

 更年期障害を発症しており、閉経を迎えるようなケースでは、長年分泌されていたホルモンが低下することによって体内のホルモンバランスが崩れます。

 その為、特に病気や疾患などが無いケースであっても体調を大きく崩してしまう要因ともなります。

 女性ホルモンの分泌量の変化は人体に大きな影響を与えるのですね。

〜ポイントのまとめ〜
★エストラジール検査は様々な卵巣疾患の指標となる
★無月経によって女性ホルモンが低下する

◆アンチエイジング医療・ホルモン補充療法の基礎知識

◆妊娠前期・中期・後期・更年期・不妊治療に関する知識